去年の夏、突然入院することになってしまった体験談

体調がどうもおかしいと感じるようになったのは、一年前位からでした。

それまでの私は比較的健康で持病はなく、元気に働くことができていました。

それが、ある時から形は違えど連続して頻繁に感染症にかかるようになりました。

ウイルス性腸炎になったり、リンパ節炎になったり、いくら健康に気を遣っても一か月に一度は様々な感染症で高熱が出て死にそうになり、度々救急搬送されるようになりました。

どの病院へ行っても根本的な原因にたどり着く医師はおらず、いつも検査や抗生剤で症状を抑えるのみでした。

しかし本当に仕事に支障が出るようになったのは入院から一か月ほど前のことでした。

7℃以上の微熱が毎日続く、吐き気がする、嘔吐を伴う頭痛がする、目眩がして仕事中立っていられなくなる、そして最後にはものすごい勢いで浮腫が全身に出て尿がほとんど出なくなり、二週間で20キロ体重が増え、全身の痛みで歩行不可になり地元の診療所から総合病院へ紹介状を書いてもらいました。

そして、何とその日に入院が決定し、何も準備していなかったので本当に焦りました。

とりあえずタクシーを家まで往復させ、10分で支度し病院へ戻りました。

戻らなくてはならない時間が決められていたので、もうパニックになり最低限の物しか持っていけず逆に必要のないものを持ってくるなどし、しばらく不便でした。

その時はまさかそんなに長期間になるとは思っていなかったのです。

何より困ったのが主人がその日に限ってスマホを忘れていたことで、緊急入院になったことさえ伝えられずメモ書きしか残せませんでした。

その晩に腹水を抜く手術をやりました。

本来は家族と話し合って書くべき手術のリスクなど書かれた同意書も全部自分でサインしました。

いざという時のためにスマホ以外で連絡する手段を日頃から話し合っておくべきだったと思います。

腹水を抜くのに一時間半もかかり、麻酔の針がめちゃくちゃ痛くて本当に辛かったです。

主人は帰宅後大至急病院へ来てくれたので必要なものを伝え、翌日にはいろいろと揃えて持ってきてくれました。

その後腎生検や全身の検査をしたところ、「ネフローゼ症候群」、「バセドウ病」に診断されました。

その後様々な検査から国の指定難病「全身性エリテマトーデス」(通称SLE)と診断され、ネフローゼ症候群もバセドウ病もその病気が原因となっていることを説明されました。

SLEは免疫が自分の細胞(臓器など)を攻撃していってしまう、原因不明で根本的な治療法のない病気です。

大量のステロイドや利尿剤点滴などにより免疫力の暴走を止めることはできましたが、今度は免疫が通常の人の八分の一まで下がって危険なレベルに達し退院できなくなってしまいました。

成分輸血と普通の輸血を合わせて10回ほどし、なんとか命を助けて頂きました。

結局二か月間も入院する羽目になり、入院費用は40万円以上かかりましたが、持病があっても入れる入院保険に加入していたのでほぼ全額カバーして頂け本当に助かりました。

結局仕事は退職することになりました。

一生免疫抑制剤とステロイドを飲み続け、紫外線を避け、食事制限はあるものの毎日普通に生活できています。

入院すると自分の病気のことはもちろんですが、家族のこと(主婦なので家事を放置すること)、職場に迷惑をかけること、何よりお金のことが心配になります。

私は保険に入っていて入院費用のことだけでも安心できたのでありがたかったです。

入院を経験し、命のありがたみを感じました。

また、たくさんの方が献血して下さったおかげで今の私の命はあるので、毎日を大切に行きたいと思っています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です