予期せぬケガで入院!保険に入っててよかった話

もともと体が健康で、歯科と眼科ぐらいしかいったことがありませんでした。

家族も眼科に行く程度なので、医療費は、ほぼかからない生活をしており、予防注射などもどこにいったらいいか迷うほど、お医者さんとは縁がなかったのです。

それが暗い道で転倒して、うっかり筋を痛め1週間ほど入院、手術をすることになった時は本当に驚きました。

もちろん本人の私も、家族もです。

簡単な手術とは言え、足のことですから、当然車いす生活になります。

診察から入院までの間に、一度自宅に帰ってもいいといわれたのですが、うっかり足を使ってより痛めてはと、即入院をお願いしました。

その時頭をよぎったのは、保険のことです。

確か、入院したら1日5000円ほど出るはずです。

若いころに入ったので、しっかりと覚えていませんでしたが、入院費が出るのは確かです。

思わぬケガで入院となったショックも、保険が適応されると思うと、なんとなくほっとして落ち着いてきました。

入院をきっかけに自分の保険を改めて確認した

検査も終わり、手術の日も決まるとすることもなく、本を読んだりしていましたが、ふと思いついて家から保険の説明書の入ったファイルを持って来てもらいました。

保険関係の書類ばかりを、証券とは別にしてクリアファイルにいれて、整理していたのです。

調べてみると、生命保険と医療保険がセットになったものと、旅行や日々の生活の事故やトラブルに対応する障害保険がありました。

セットの保険は5日め以降の入院費が1日5000円と手術代がランクに分かれて出ることになっています。

もう一方の障害保険は、なんとケガなら、入院費は1日目から3000円、通院費は1500円も出るのです。

なんでケガなんかしたんだろうと鬱々としていましたが、この金額を見て本当に気が楽になりました。

これならそんなに高い出費にはならないかもしれない・・・

やはり家族に病人が出ると出費はかさみます。

それまで、毎日家族を駅まで送っていましたが、今では車を駅前に置いての通勤なので、その駐車場代がかなりの額になります。

その他、入院に伴いいろいろ購入したものや、退院してからかかるタクシー代なども家計を圧迫するでしょう。

でも保険が下りるなら本当に助かります。

入院費用は健康保険で賄えると聞いていたので、不安はなかったのですが、リハビリや検査での通院は交通費もかかるので気になっていたのです。

トータルするとプラスにはなりませんが、それでも余分なお金が入ってくるのは大きな心の支えになりました。

家族にも心配や迷惑をかけてしまったので、そんな時に少しでもお金に余裕があればなにかと心遣いに役に立ち、本当に助かりました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です