親の勧誘の影響で保険に大量に加入していた話

もともと私は、若かったし結婚もしていなかったので、保険などにあまり知識も興味もなかったのですが、高校生の時に母親が某保険会社でセールスの仕事をするようになってからしょっちゅう勧誘を受けるようになりました。

おそらく契約の実績を上げるためかと思いますが、5000円、10000円と何口も保険を進められ、説明は受けたものの内容はたいして分かっていないような状況で、ふと気が付いたら40000円も月に保険に払っているような時がありました。

もはや、これ保険金目当てに亡き者にされるんじゃないかっていう金額で、今から思うと明らかに不要というか過剰な契約をしてしまっていましたね。

自己判断なので、きちんと考えていなかった自分が悪いのですが。

母親は基本的には優秀なセールスだったようで、その後20年もその仕事を続けていました。

契約はかなり取れていたのでしょうが、本当に困った時に私に相談を持ち掛けてきたんでしょう。

そんな感じだったので、基本的には当時払っていた保険料は掛け捨てで、今となっては何も残っておらず、自分自身結婚して家族が出来た今、むしろ契約を絞り込んで保険料を減らしているというなんだかおかしなことになっています。

普通は、家族ができたら保険を手厚くするものだと思うのですが…。

あの時年間50万円も払っていた保険料を貯金していればなあ…と母を恨む気持ちも正直あります。

ただ、一度だけ、保険が役に立ったことがありました。今から10年ほど前の話ですが、一度首の病気になり、2回にわたって計1か月半入院するはめになってしまったのです。

その間、当時は過剰な保険に入っていた時期だったので、入院保険が1日1万円出ていて、かつ、高額医療費として月に2万円以上の分は帰ってきたので、入院3日目以降は、1日病院のベッドで寝ているだけで、ちゃりんちゃりんと1万円が毎日入ってくるという非常に夢のような時間でした。

もうすぐ有休を使い切るという直前でなんとか仕事復帰できたんですが、いっそぎりぎりまで入院していたかったですね。

とはいえ、よく考えてみると、給付された保険料を全部足したところで払っていた保険料の金額には到底見合わないし、結局その分保険会社に払わないで貯金しておけばよかったという結果には全く影響がないのですが。

なんにせよ、たとえお金に余裕がある時期であっても、頼まれたからと言って安易に保険に入ってしまうと、後々後悔することになるよ、という話でした。

親が加入してくれいた保険が出産のときに役立った

保険なんて、自分がまだ学生の頃・独身の頃はほとんど真剣に考えていませんでした。

けれど、自分の親は、「知り合いに頼まれて」とか「自分の親がそうしてたから」だとかで、
子供(私)に医療保険をかけてくれていたのです。

もちろん、支払いは親がしてくれいました。

その間一度も入院をしなかった私は保険金を使う事もありませんでした。

そして、自分が就職して働き出したある日、親にある日「そろそろ保険料を支払ってくれ」と言われ、初めて自分も保険に入っていた!と言う事を知りました。

当時の新入社員のスズメの涙ほどの月給から、保険料を捻出するのは容易いことではありませんでしたが、社会人になった自覚を持ってこれまでの支払いに感謝しつつ払うことになりました。

そんなこんなで数年経ち、私にも人生の転機が。

結婚、妊娠です。

いよいよ出産と言う時に医者が下した判断は「帝王切開」でした。

子供と会えた喜びは何にも変えられませんが、予期せぬ手術に入院も通常分娩の人よりも長引くうえ、お腹の痛みも中々引かず、入院中気が休める時もなく身も心もボロボロの状態で退院となりました。

そんな折、初めて知ったのが、帝王切開で保険が下りると言う事実。

親が入ってくれていた保険だったのでざっくりとした内容しか把握しておらず、帝王切開で入院・手術費がまかなえるとは知りませんでした。

この時人生で初めて入院・手術を経験したため、保険のありがたみを実感できたのです。

きっと親が入ってくれていなければ自分だけでは保険なんて考えて無かったと思います。

その後、この機会もあって、そして、子供を持った事をきっかけに家族で保険を見直すことにしました。

近所の保険の総合カウンターに立ち寄り、自分達の理想と、子供の将来の事を相談して、保険内容の見直しと、子供の学資保険に入る事になりました。

その時保険の専門家FPの人と対面で話をしたのですが、自分達の事も親身になって話しを聞いてくれました。現在子供が5歳になりましたが、今でも保険の見直しや、新たな依頼の際に定期的にお世話になっています。

理想はやはり健康でいて、保険を必要としない事かもしれません。

しかし、予期せぬ事故、病気はいつ起こるとも限りません。

また、入院・手術だけでなく、年金、貯蓄と言った様々な便利な保険があります。

自分のライフスタイルに合わせて、適切な保険に入っておくことは現代のリスク社会を乗り切る一つのツールになるのではないかと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です